iAloha

サラリーマン日常を綴った雑記ブログです。家庭、生活、キャリアのあれこれ。

食べて痩せる極意

f:id:coffee-japanese:20160919085521j:plain

アロハ。コーヒーです。

最近グルメ記事の割合がほとんどですね。デブまっしぐらだw 

といわけで、自分を鼓舞させる意味でも、(読者さんに対して弁解する意味でも、)久しぶりにダイエットの記事を書こうと思います。笑 

食べてばかりですが、体重は少しずつ減っています。それは走っているからです。僕は食べる以上に走る。そう決めているのです。現時点で10kgのダイエットに成功しているわけですから、恐らくこの方法で間違ってはいないのではと考えているところです。

 

 

 

 

 

 ⬛︎スポンサーリンク

 

食べて痩せる

食事量を落とさないダイエットをしています。食べて何もしないで痩せる。そんなおいしい話ではありません。そう期待してこの記事を開いていただいたとした、ごめんなさい。ちがいます。方法としてはとにかく走るんです。食べた分以上に走って走って走りまくってカロリーを消費させて痩せます。

 

ここに決意(?)と今までの軌跡を記しています

www.blog-ialoha.com

 

僕は外食が死ぬほど好きです。

ランチは美味しいとこで食べたいですし、美味しいお店を巡るのが休日の楽しみです。それを止めるのは拷問にしか感じられません。食事は人生の喜びです。そのグレードを下げることはぜったいに嫌です。

まず、これが根底にあります。なのでカロリー摂取量は減らせません。でも痩せなければなりません。では、どうするか。簡単です。カロリーを消費すればいいのです。簡単に言いましたけど、これが難しいことであることは十分理解しています。運動はしんどいし、時間を取るのが難しいので長続きしないからです。

では、長続きさせるにはどうしたら良いのか。これは僕のやり方で超各論になるとは思いますが、こういう風に考えてこういう風に実行すれば実現できるのではというマインドセットと方法論を紹介したいと思います。

 

マインドセット

 僕の頭の中では、ダイエットはしていません。マラソンをしています。結果としてダイエットになっているという感覚です。何を言っているかと言いますと。僕はマラソンを趣味でやっていて、ダイエットは「おまけ」だということです。継続的に無理なくランをして、そのランの距離にこだわります。そうすることで走ることが楽しくなってきます。 

 

方法論

マラソン大会にエントリーする

実は、「第11回 湘南国際マラソン」にエントリーしているのです。もう大会の日にちは12月1日と決まっており、参加費も払いました。つまりもう逃げられないのです。こうなったら、せっかくだし完走を目指す気になります。そして「どうやって完走を実現するか」に思考がシフトするわけです。

 

www.shonan-kokusai.jp

 

ランを計測する

①で走る目的ができました。走る目的はフルマラソンを完走できるようになることです。そうなると、◯月までに20kmは走れるようになってたいよなぁ、とか。ここで1回ハーフマラソンの大会に出ておこうかなぁ、とか。いろいろ考えるようになります。これが先ほどマインドセットのところで言ったランの距離にこだわるということです。フルマラソン完走が目標であれば、走る速度にこだわる必要はありません。持久力さえつけば目的を果たせるということが最大のポイントです。

 

最初は運動に慣れていない人は5kmぐらいで疲れて足が止まると思います。それでいいです。それを◯月◯日に5km走ったと記録しておくだけでいいんです。そしたらその記録を見て、そろそろ8km走れるかな。。。とか思うようになるので。今度は、「来週は8km走りきってやろう。」という気持ちになって走行距離のUPにチャレンジします。…よし、いけた!距離が伸びました。その時も記録します。もちろんダメでも記録します。

 

1ヶ月続けると比較対象ができます。1ヶ月合計の走行距離を超えるように頑張ります。先月と比べて◯km多く走れたと比較できて自分の成長を実感できるからです。こうなると、走って距離を伸ばすことに快感を覚えてきます。結果、3ヶ月以上ランを継続させることができて、且つ体重が落ちるという話です。

 

 次はナイキプラスを使った実例を紹介しようかなぁと思います。

 

 

 ⬛︎スポンサーリンク